風邪に効く食べ物、栄養素

大根、みかん、しそ

痰を減らし咳を止めてくれる効能があります。
また風邪によって不調になりやすい胃腸や消化器系の働きを改善してくれます。

ビタミンC

病原菌と戦う免疫力の働きである白血球の働きを助けてくれます。
ビタミンCはレモンやキャベツ、ブロッコリー、白菜、柚子に豊富です。

しょうが

体を温めてくれる効果があります。
風邪のウイルスは熱に弱いので体温が上がると治りやすくなります。寝る前にもいいですね。

唐辛子

発刊促進と体温の上昇が期待できます。
プラス唐辛子に含まれているカプサイシンという成分が免疫力も向上させてくれるため
治療、予防効果がかなり期待できると思います。

梅干し

梅干しを食べるとそのきついにおいゆえか鼻が通りやすくなります。

さらに抗菌作用があるため風邪による合併症を防いだり免疫力を向上させることになります。
梅干しに含まれているクエン酸により疲労回復効果もうれしい所です。

ネギ

ネギを首にまくと風邪が治る、という迷信のような話がありますが、実はこれが医学的に
証明されていて、ネギから出るにおいの成分が効果的なため、首にまくのはもちろん、
暖かい料理にして食べることでも効果があります。

お湯

栄養素はありませんが、普段冷たい水を飲んでいる人は体が冷えている時だけでも
温めてお湯を飲むようにすることで免疫力がアップします。

特に喉からくる風邪を引きやすい人は喉をつたって体の中からお湯が暖めてくれるため
かなり効果的です。

緑黄色野菜

風邪をひくとビタミンを普段より多く消耗しますので、その分、野菜を多めに食べて
ビタミンを補いましょう。
症状がひどいと食欲はなくなりがちですが、野菜類は食欲がなくても比較的食べやすい
のでビタミン補給におすすめです。

レバー

タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ミネラルなど
風邪をひいた時、大量に消費される栄養素を補給できます。

加えて、傷んだ粘膜を修復する、βカロチンも多く含まれているので
喉にもやさしい食べ物です。

風邪の症状 治療
夏風邪について 種類
風邪の予防と対策 インフルエンザ
原因 抗生物質
お風呂について こたつ
鼻水 TOP