風邪の治し方とお風呂の入り方

湯冷めを起こさないようにする

よく風邪をひいたらお風呂に入らないようにしなさい、と言われますが、
その理由の一つとして湯冷めがあります。

お風呂に入ると一時的に体温が上がりますが、お湯から出ると
そのあと一気に体温が下がり、風邪を悪化させやすくなると
考えられます。
これは脱衣所の温度が低いことと、水分は蒸発するときに周りの温度を
奪って気体になる性質があるため、すぐ体をしっかり拭かないという
原因が考えられます。

対策としては脱衣所の温度を下げ過ぎないこと、特に冬場は窓をしめ、
できればヒーターなどを設置しておきたいですね。

後は体の水分をしっかりふき取り、頭はドライヤーですぐに乾かして
くださいね。

体力を消耗する危険がある

お風呂に入ると一時的にしろ体温がそれまでより上がるため体力を消耗します。
風邪をひいているときはただでさえ熱で体温があがり体力を消耗して
いるのでよけいに免疫力が落ちてしまう可能性があります。

熱があるときに入浴するならなるべくぬるめのお湯につかりましょう。
逆に風邪でも熱が下がっていれば問題ないでしょう。

あとは水分も不足しやすいので上がったら冷たすぎないお水を摂取
したほうがいいですね。

風邪をひいた時にお風呂に入るのは悪くない

前述したようなことに気をつければお風呂に入ること自体は体を温める
ことで免疫力が上がり、湿度が高いため風邪ウイルスも弱まるため
メリットがあります。

そのため、症状がひどくて動けないような場合でなければ控える
必要性はないでしょう。

風邪の症状 治療 夏風邪について
種類 風邪の予防と対策 インフルエンザ
原因 筋肉への影響 お薬
栄養素 こたつで寝る危険 鼻水の色
TOP