風邪の時出る鼻水の原因と黄色い理由

普段私達は病気でなくても鼻水が出る事がありますが、そういったときに
出るのは透明で水っぽいはずです。

透明で色のない鼻水が出る理由は鼻の粘膜の軽い炎症やアレルギー、花粉症、
風邪の引き始めなどです。

それに対して風邪をひいた時の鼻水はドロドロしていて色も濃く黄色っぽい
時もあります。

それは風邪のウイルスやウイルスと戦った白血球の残骸がまじっているのが原因です。
つまり鼻水としてウイルスを体外に出すことで体は健康を取り戻そうとして
いるのです。

ですがそれだけウイルスが含まれているため他人にうつしてしまう原因となる
場合もあります。
特にクシャミをした時に他人のほうを向いてすると多くのウイルスを付着
させてしまうことになります。

しかし風邪をはやく治すためには鼻水を我慢したり吸い込んでしまうよりも
定期的にティッシュで鼻をかんですっきりさせるほうがいいことになります。

また鼻をかむときにティッシュを多く使う人のほうが一枚しかつかわない
人よりも風邪が重症化しにくい、というデータが出ています。

またその際は鼻の穴の一方をおさえ、右、左片方ずつ順番にかむほうが
効果的だということです。

ただ、風邪をひいていると鼻をかんでも鼻がつまったままで気持ち悪い、
息苦しい、ということも多いと思います。
市販の鼻スプレーをすればスッとすることもありますが、そもそも鼻が一度
通らないとスプレーもできなかったりします。

そんな時の対処法として蒸しタオルを鼻周辺に当ててかたまった鼻水や粘膜を
やわらかくしてから鼻をかんで鼻水を出しきることですっきりさせることができます。

風邪の症状 治療
夏風邪について 種類
風邪の予防と対策 インフルエンザ
原因 筋肉への影響
TOP