風邪とインフルエンザの違い

インフルエンザはウイルス性の感染症で、風邪とよく似た症状があります。

ただし、風邪と比べると熱などの症状がひどく、治療に時間がかかる事が
多い病気です。
また、風邪がゆるやかに症状が進行していくのに比べ、インフルエンザの症状は
急激に進行していくのも特徴的です。
後は、高熱と合わせて関節痛、倦怠感、悪寒といった全身への強い症状が
出てくるのも特徴です。

とはいえ症状だけでは風邪とインフルエンザの区別をする事は出来ないため、
病院へ行って診断を受ける必要があります。
具体的にはめんぼうを鼻につっこまれ採取した粘膜を調べる事で判断するようです。

風邪とは薬の種類が違ってくるため、疑わしいと思ったら病院にいったほうがいいです。
時には命にかかわってくる事もあるくらいですから。

またインフルエンザにも種類がたくさんあるので、一度かかって治ったからといって
安心は出来ません、一番いいのははやめに予防注射をしておくことでしょう。
それでかなり発症率が下がりますし、内より安心できます。

それと発症してしまったら普通の風邪と比べ感染率が非常に高いので、人にうつさないように
注意してください。
市販のマスクはどうしても隙間が出来るため、完全ではないです。

症状自体は病院でお薬をもらえば大分よくなります。

症状 治療
夏風邪について 種類
風邪の予防と対策 インフルエンザ
原因 筋肉への影響
抗生物質 食べ物、栄養素
お風呂の効果 こたつの危険
鼻水の色 TOP