風邪の症状-熱

風邪になると熱が出る、つまり体温が普段より上がってしまう
症状になるわけですが、熱は体の防衛反応のひとつでくしゃみや
せきと同じで自分の中の悪いものを外に排出しようとする行為なのです。

つまり高い熱が出るほど風邪のウイルスは早く倒す事ができ、風邪は
すぐ治るという理屈なのです。

でも熱が高いとすごくダルくてつらいですよね?
体温が上がるので体全体がほてって苦しいのは当然なのです。

つまり、熱を出さずに時間をかけて風邪を治すか、一時的に苦しくても
熱をいっぱい出してすぐに治すか、という話になってきます。

熱は自分で操作する事は出来ないんじゃあないか、と思われるかもしれませんが、
ある程度操作は出来ます。
それは風邪薬を使う事です。
ようは解熱剤で熱はある程度まで下げる事が出来るのです。

一見風邪薬というと風邪を治す薬という風に思う方がいるかもしれませんが
風邪を治す薬というのは存在しません薬はあくまで症状を抑えて楽にするためのものです。
つまり熱や鼻水など体の防衛反応を遮断してしまい、治療を遅らせる行為でもあるのです。

だから早く治したいなら薬以外の方法での治療に力を入れる事をおすすめします。
もちろん薬で症状を軽減させて普段とあまり変わらない生活を送れるようにするという
選択もいいと思います。

のどの炎症、痛み
風邪の症状 治療
夏風邪について 種類
予防と対策 インフルエンザ
原因 筋肉への影響
抗生物質 食べ物と栄養素
お風呂の入り方 こたつで寝る危険
鼻水の色 TOP